PAMM(パム)MAM(マム)って何ですか?という疑問をサクッと解説

この記事は約6分で読めます。
副業人柱ロイ
副業人柱ロイ

副業人柱ロイです!

PAMM・MAMって何?違法ではないの?

PAMMやMAMという言葉は海外FXで取引している方でないと
ご存じないかもしれません。

本記事では初めて知った方や、違法ではないかと心配な方に向けて、
PAMM・MAMの概要やリスクなどを説明します。

これから始めてみたいという方も参考にしてください。

PAMM・MAMとは?

自分の資金をプロのトレーダーに運用してもらう手法のことであり、
「マネージドアカウント」とも呼ばれています。

PAMM口座、MAM口座は主に海外FX業者で提供されているシステムで、
国内のFX業者しか利用したことがない方には
あまり馴染みがないかもしれません。

PAMMはPercentage Allocation Management Moduleの略であり、
日本語では「割合分割管理モジュール」と訳されます。

一方でMAMはMulti Account Managerの略で
日本語でもそのまま「マルチアカウントマネージャー」と呼ばれています。

どちらもプロのトレーダーに運用を委託する点は同じですが、
大きな違いは顧客の資金の管理方法にあります。

PAMMの場合は資金をトレーダー用の口座に入金して取引を委託するため、
顧客は取引の結果のみしか分かりません。

一方MAMの場合は資金を自分の口座に入金したままで発注の権限をトレーダーに委託するため、
トレーダーの売買の手法も知ることができます。

主なメリットとデメリット

自分の資金をトレーダーに委託することで、
どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

一番のメリットは投資スキルのあるプロに運用を任せられるため、
FXの初心者でも利益を増やせる可能性があるということです。

初心者が投資の技術を学ぶには勉強も必要ですが、
自分のお金を使って実践経験を積むことが必要不可欠でしょう。

しかし最初からプロに任せてしまえば勉強や実践経験に時間を費やす必要がありませんし、
MAMであれば投資手法が分かるのでそこから学ぶこともできます。

また運用を委託するということは顧客にとっては自動売買していることと同じです。

顧客の作業は委託するトレーダーを選ぶだけであり、
後は取引の履歴や損益の結果を確認する程度の手間がかかるのみです。

発注作業などの手間が省けるため、
トレードに時間を掛けたくない人は大きいメリットと言えるでしょう。

デメリット

プロのトレーダーだからといって必ずしも利益を出せるわけではないという点は注意してください

投資信託のアクティブファンドなども同じですが、
一時的に大きな利益を出しているプロでも長年に渡って好成績を維持し続けることは困難です。

さらに手数料の高さもデメリットです。

トレードで利益が出た場合に利益の15%~30%がトレーダーの報酬であり、
稼げるトレーダーほど手数料の割合も大きくなります。

また稼げるトレーダーは売買の手法が非公開であるPAMMの方に集まるため、
プロから手法を学ぶこともできません。

PAMM・MAMって違法ではないの?

自分でない第三者に運用を委託すること、
海外FX業者でしか利用できないことから違法ではないのかと心配する人もいるでしょう。

結論から先に示すと、
海外FX業者を利用してPAMMやMAMを利用することは違法ではありません。

日本において個人や業者が第三者の資産を運用するには金融庁の登録が必要であるため、
国内FX業者の場合がPAMMやMAMのサービスを提供すると違法となる可能性があります。

しかし海外FX業者はそもそも
日本の金融庁のライセンスを取得していないため違法扱いにはなりません。

ライセンスを取得しない主な理由は、
金融庁によってFXにおける25倍を超えるレバレッジが規制されているからです。

海外FXは25倍を超えるレバレッジを掛けられることが強みですが、
ライセンスを取得すればその利点が無くなってしまいます。

海外FX業者を利用すれば高倍率のレバレッジを掛けた取引や
PAMM・MAMなど、日本国内で規制される取引が可能となるのです。

おすすめ海外業者を紹介

PAMMやMAMを利用する際のおすすめ海外業者を2つ紹介します。

FXBeyond

2021年3月から日本で利用可能となった新興業者であり、
パナマに運営会社があります。

パナマのAVISOライセンスを取得していますが、
信用度が低めのライセンスではあるようです。

FXBeyondの特徴は証拠金の額が200万円未満であれば
最大1111倍という業界最大級の高レバレッジが利用可能であることです。

200万円を超えると金額によってレバレッジが低く抑えられています。

またトレードを始めるのに本人確認書類が必要ないこと、
追証が発生しないことからも利用しやすい業者です。

Tradeview

ケイマン諸島に運営会社持つ業者であり、基準の厳しいCIMAライセンスを取得していることからも信頼性の高い業者であると言えるでしょう。

日本語の公式サイトは情報が少ないですが、メールのサポート窓口は日本語対応しています。

Tradeviewの特徴はスプレッドが海外FX業者の中でもトップレベルに狭いことです。

取引コストを抑えたトレードをしたい人にはおすすめで、
上級者のトレーダーにも人気があります。

ただし最低入金額が1000ドルと高めであること、
レバレッジも他の海外FX業者と比べて低めであることは理解しておいてください。

まとめ

PAMM・MAMとはプロのトレーダーに自分の資金の運用を委託する手法のことです。

PAMMは資金をトレーダー用の口座に入金するだけトレードの結果のみが分かり、
MAMは資金を自分の口座に入れたままにするので
実際のトレードの様子も分かるという違いがあります。

プロのトレーダーに運用を任せられるため
知識や経験の無い方でも手軽に始められるという一方で、
プロだからといって必ずしも利益が出る保証はなく、
利益が出た場合も最大30%という高い手数料が発生する点は
理解しておいてください。

金融庁のライセンスを取得しておらず、
規制の対象外である海外FX業者の場合は違法扱いではありません。

ただPAMM・MAMが利用できる海外FX業者は一部であり、
公式ページでも分かりやすく表示されていることは稀です。

本記事で紹介したFXBeyondやTradeviewであれば利用可能です。

 

最後まで読んでくれた方に
FXBeyondで利用できる
PAMMの無料利用権利をプレゼントしています。

利用希望の方は、
下のバナーから公式LINEに友だち申請していただき、メッセージを送ってください。

「PAMM利用希望します。」と送ってください。

副業人柱ロイ
副業人柱ロイ

ロイに質問したいことがあれば気軽にメッセージしてくださいね!

あなたからのメッセージお待ちしてます!

コメント